Powered by TypePad

April 2009

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

« El Paso Charity Contractor Restructures and Sues Former Chief | Main | Tiny Audit Unravels Yale Accounting »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://www.typepad.com/services/trackback/6a00d83452056969e200d8356507ff69e2

Listed below are links to weblogs that reference People in Need Don't Need Mac & Cheese:

Comments

ティンバーランド

ティンバーランド12日に判明した政府の社会保障分野の一体改革素案(骨子案)は、来年の法案提出を検討してきた受診時定額負担制度の見送りを容認するなど、負担増を先送りしようとする民主党の主張に大幅に譲歩する内容となった。公務員の特権に切り込むことが期待された被用者年金一元化でも、公務員の優遇措置の存続に道を開く文言が盛り込まれた。「公平な負担」を旗印とした社会保障改革の看板は大きくゆがみつつある。

 ティンバーランド骨子案は、病院を訪れるたびに患者が100円を上乗せして支払う受診時定額負担制度について「(導入見送りを掲げた)民主党ワーキングチームの報告を踏まえる」と記した。70~74歳の窓口負担の2割への引き上げでは「平成24年度の対応については調整」と、その後の引き上げに含みを残したが、党側の猛反発で撤回に追いやられるのは確実な情勢だ。

The comments to this entry are closed.