Powered by TypePad

April 2009

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

« Merger Mystery with Pennsylvania Blue Cross | Main | The Couples Game »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://www.typepad.com/services/trackback/6a00d83452056969e200d834522ea269e2

Listed below are links to weblogs that reference Compensation and Governance at the US Holocaust Museum:

Comments

Ira Kaminow

There is no way to judge the appropriateness of anyone's salary without research into market conditions and performance. Surely, comparison with POTUS's (president of the US) salary is no more approriate than comparison with the multi-millions earned by private-sector CEOs. Evaluation of CEO salaries involve questions like these: Does the board have solid procedures to set the CEO's salary? Does the compensation committee look at comparable salaries? Does it undertake a thorough and frequent evaluation of the CEO's contribution to the organization? Does it get advice from compensation specialists? Does it establish clearly stated performance criteria in advance?

Cheap Hats

Many thanks for the article. I will have a link back to this information from our fresh blog.
http://cheaphatsstore.com
http://mvpcaps.org
http://caps2011.com
http://hats-club.com

バーバリーマフラー

東京都で処理を受け入れた岩手県宮古市の東日本大震災の災害廃棄物(がれき)第1便約30トンが3日、貨物列車でJR東京貨物ターミナル駅(品川区)に到着し、7トン積みコンテナ計6個が都内3カ所の中間処理施設に運び込まれた。震災のがれきが東北以外で受け入れられたのは初めて。
2日夜に盛岡市を出たコンテナは3日午前、相次いで東京貨物ターミナル駅に到着。フォークリフトでトラックに積み替えられ、各地の処理施設に向かった。このうちコンテナ1個が搬入された大田区の処理施設では、重機や手作業で金属などの不燃物が分けられ、可燃物は燃やしやすいように破砕された。がれきには、木材や木くずに加え、布団やネクタイ、ぬいぐるみなど、津波で流されたとみられるさまざまな生活の品が泥にまみれて交ざっていた。

ティンバーランド

ティンバーランド12日に判明した政府の社会保障分野の一体改革素案(骨子案)は、来年の法案提出を検討してきた受診時定額負担制度の見送りを容認するなど、負担増を先送りしようとする民主党の主張に大幅に譲歩する内容となった。公務員の特権に切り込むことが期待された被用者年金一元化でも、公務員の優遇措置の存続に道を開く文言が盛り込まれた。「公平な負担」を旗印とした社会保障改革の看板は大きくゆがみつつある。

 ティンバーランド骨子案は、病院を訪れるたびに患者が100円を上乗せして支払う受診時定額負担制度について「(導入見送りを掲げた)民主党ワーキングチームの報告を踏まえる」と記した。70~74歳の窓口負担の2割への引き上げでは「平成24年度の対応については調整」と、その後の引き上げに含みを残したが、党側の猛反発で撤回に追いやられるのは確実な情勢だ。

The comments to this entry are closed.